Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

花彗星

先日、日本から来たまさこさんと、なおみさんと、モンテズマウェルを散歩した。

ここは、950年前くらい前まで、ネイティブアメリカンがセレモニーをしてきた聖地。湖の周りには石造りの住居がまだきれいに残されている。

湖は石灰石の成分が溶け込んでいて、毒性があり、魚が住むのには適していない。生命の波動が感じられない湖。だが一箇所、湖の水が地下に入っていく出口があり、7分かけて地下を通り抜けると見事に浄化された水に変る。

はるか昔、そこにネイティブアメリカンが、水路を作った。今でいう灌漑工事だ。今でもそれが残っている。7分前は死の水だったのに、7分後はとても新鮮なやさしい水に変っている。大地のパワーだ。

クレソンやアジアンタムが水路に沿ってたくさん咲いている。きれいな色の藻が水
底でユラユラゆれている。すがすがしい気持ちでいっぱいになった。

水路に沿ってしばらく歩いてみた。
とーてもきれいな花を見つけた。地面から90度の向きで咲いている。
それは小川の流れにそって咲いていた。
まるで大空を流れる彗星のようだ。

花彗星となずけた。