Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

言葉の音

知り合いが、セドナの真ん中を流れているオーククリーク(川)沿いに8エーカーの土地を買った。ざっと計算して、約9,811坪。
お金がある人には、あるのだなぁ・・。はぁー!

来週から工事が始まる。その前に、その土地を清めて、祝福をするセレモニーを
リーが執り行った。日本でいうと、地鎮祭みたいなもの・・。

祈りの言葉をドラムの響きと共に参加者のみんなで唱える。
とてもポジティブな音のつらなり。

私は何のための土地なのか、知らずにただ付いていって一緒にお祈りをしていた。

後で、聞いたら、そこは子供たちが本当の教育を受けられるための場所をつくるとのこと。
祈りの最中に、リーには、出来上がった光景がはっきりと出てきたらしい。
祈りの後に、ここのオーナーとシェアし合っていたら、どうやらオーナーにも同じ光景が出てきたらしい。

すごい、すごい、ここが出来上がったら、すばらしいリトリートができる。

昨日、セドナに滞在している大村さんご夫婦と、親子で参加できるサマースクールみたいなものをセドナでしたいねーと話していたところ。

口に出したら、翌日、それが実現できる場所を見せられた。

すごいなぁー。どんどん、実現するスピードが速くなっている。

何でも声に出して、宣言することが大事なんだなぁ・・・。

最近、忙しくって、ちゃんと食べるものを食べていなかった。
血糖値が下がっていたためか、何だかイライラしていて、
セレモニーの前は、意味もなくリーにぶつぶつ当たっていた。

心の中では、なーんで、こんなたわいもないことで、ぶつぶつ言っているのだろう・・と思ってるが、とまらない、止まらない。だだをこねている子供みたい。

だが、セレモニーでポジティブな言葉の響きをずーと口にしていたら、
さっきまでの、私のネガティブモードとのギャップをつくづく思い知った。

そして、ネガティブな波動を口にするのは、もうやめよー!って思った。

ごめんね・・Lee☆

今日も気づきの一日でした。

ありがとうございます。