Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

コートハウス・ハイキング

夕方、コートハウスロックの周りを散歩した。
歩き始めた瞬間、ゴロゴロと空がなった。
見上げたら、少し離れた空が薄暗くなっていて厚い入道雲がモクモクしている。でも、私の上空はまだ青空。
ハイキングOKと判断してさらに歩みを進めた。

こんな感じで、雨季のセドナは、いつも雨雲の移動先を先に読んでハイキングをすることになる。

私一人で歩くときは、道なき道を行くワイルドな探検ハイキング。ときどき、素敵な場所に出くわし、私のお気に入りスポットとなる。

今日もガシガシ進み、素敵な森に出くわした。ちょうどその時、雨が降り始めた。う~!読みが甘かった・・。
先に進むべきか戻るべきか・・?空では稲光が走っている。

セドナの森は、しょっちゅう雷が落ちる。
ちょっと怖くなり、後ろ髪を引かれながらも、戻ることにした。

急いで、来た道を戻っていたが、あるところに来たら、強いバイブレーションを全身に感じ始めた。
私の心は興味津々。雨がふるにも関わらずどんどんそのバイブレーションの方へ歩いていった。もう、雷への恐怖も吹っ飛んでいる。

トゲトゲの草の間を掻き分け、崖をよじ登った。

ふと、下をのぞいたら、崖の下に不思議な空間が広がっていた。崖の上から落ちてきた石が細かく砕けて、うまい具合に、岩壁にそって半円形に広がり、その円の内側は、まっ平にならされている。まるで、ネイティブのセレモニー場みたいだ。

何とかして、崖の下へ降りようとしたが、トゲトゲの木が鬱蒼と茂っていて降りられない。 きっと、冬になって木が枯れたら行けるかもしれない・・。

確実にこの強いエネルギーはここから来ている。
冬が楽しみだわ。また、私のお気に入りのスポットが増えた。

でも、そういうスポットを見つけるたび、私の手足はトゲで傷だらけ・・。まあ・・よしとしよう。

今日も楽しい探検だったなぁ・・・。

雷さん、あまりゴロゴロせずに、そして少しの雨だけで終わらせてくれてありがとうございます。

   ☆ここをクリックしてね、ランキングにご協力お願いします☆

          ランキング