Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

ウパトゥキ遺跡をお散歩

先日、ホピランの出発を見送った後、まだ、朝も明けたばかりだったので、どこかに行くことにした。

どうせなら、ホピに関係するところ・・・・ん~~!

そうだ!「Wupatki/ウパトゥキ遺跡に行こう!」と思いついた。

ここは、フラッグスタッフ(セドナの隣町)にある。


ウパトゥキ1


この遺跡のあたりには、ホピとズーニーとナバホの先祖が住んでいたといわれていて、彼らは、約800年前くらいに忽然と遺跡を残したまま消え去った。

フラッグスタッフの街から30分くらい離れただけで、地平線が一望に眺められる荒野に出る。その荒野に、点々と遺跡が点在している。
写真の遺跡は、一番大きなもの。

この遺跡の近くには、「Blowhole ブローホール」と呼ばれている大地が呼吸する穴が開いている。

ブローホール

今は、安全のため、しっかりとレンガで囲まれ、穴には、網がかかっている。

石灰岩の地下が地殻変動ですっぽりと穴が空き、地下の地下のすっごい下から空気が吹き上がっているのだ。

今日は、下から空気が吹き上がっていたが、地上の気圧が穴の中よりも高いと、逆に、穴の下に向かって空気が吹き込まれる。

だから、まさしく大地の呼吸ポイント。

この近辺には、こういう大地の呼吸ポイントがいくつか発見されているが、公に観光ができるのは、ここだけだ。

今日は、大地が息をはいている日だった。

レンガの囲みの上にまたがってみた。

大地の息吹が第一チャクラからクラウンチャクラまで、スコーンって突き抜けた。快感に包まれた。

ん~!気分爽快とはこのことだぁ~♪

レンガにまたがったまま、手を広げて、一人でルンルン♪右に揺れたり、左に揺れたり・・・いつの間にか、鼻歌もこぼれていた。うふふ・・。


サンセットクレーター

ウパトゥキ遺跡のすぐ近くには、サンセット・クレーター・ボルケーノがある。そこは、火山灰が吹き出て、冷えて固まった場所で、まさしく、日本でいう鬼押し出しみたいな感じ。

赤い大地に慣れている私には、真っ黒い大地が一面に広がっているのは、なんとも不思議な感じがした。

黒い大地にそって、ハイキングトレイルがある。少し歩くことにした。

火山灰は、黒いガラスみたいにピカピカしている。
手にとって握りながら、歩いていたら、すーと大地にエネルキーが流れていく感じがした。

やっぱりこういう石って、グラウンディングを助けてくれるんだなぁ・・と実感した。

セドナも素敵だけれど、セドナから約1時間離れた場所にも、こうした素敵な場所がある。

セドナに来て、時間に余裕のある方は、是非訪れてみてくださいねー。

今日も、読んでくださって、ありがとうございました☆


PS:私のホームページが新しくなりました。
   是非、訪れてみてくださいね。

   http://sedonadolphins.com/

    ありがとうございます♪



☆是非、ここをクリックしてくださいね。ご協力をありがとうございます☆  


              ランキング