Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

土井良先生とセドナ

土井良先生


土井良先生のツアーガイドをさせていただいた。

土井良先生は、日本で知る人ぞ知る治療家の方。

今回、セドナの隣街のフラッグスタッフで、水泳のオリンピック選手の強化合宿が行われており、ある選手の専属トレーナーとしていらっしゃった。

任務を終えられて、やっと自由の身となられた先生は、セドナで、のんびりとリフレッシュをされたのであった。

あいにく、この日は、大雨だった。

フラッグスタッフへお迎えに行く間は、雪まで降っていた。

セドナに着いたときは、大雨に変わっていた。

仕方なく、屋根があるところに・・ということで、ホーリークロス教会へご案内した。

それが、駐車場に車を止めて外に出たとたん、雨がやんだのだった。

それが、そのときだけなら、へ~~って感じだが、その後、エアポートメサ、レッドロッククロッシング、ベルロックへと行ったが、移動中は、大雨で、現地に着くと、完璧にやんでしまうのだ。

びっくりしたのは、レッドロッククロッシングとベルロックでは、厚い雲がそこの上空だけぽっかり丸く開いて、青空になった。

おまけに太陽の光が、キラキラ降り注いできた。
これには、びっくり・・。

土井良先生は、太陽に向かってまっすぐと立ち、太陽の光に両手をかざしていた。

いつも太陽や月にこうして体をかざして、体の浄化をしているとのこと。

あ~~!よかった!セドナの太陽に触れることができて・・。

太陽さんありがとうと思わず言ってしまった。

スペシャルなおまけとして、少しだけ施術をしてくださった。

最初は、手のひらと手の甲のつぼを押さえながら、ジュワーっと気を入れてくださった。

数秒間だけだったが、その後、しばらくその余韻が続いた。

何かが入った感じ・・。

次に、違う場所に行ったときに、私の右の首の付け根に指を置いて、しばらくジュワーっとまたまた何かを送ってくださった。

私は、万年肩こり症で、首もかなりこっている。

その首の疲れがいっきに取れて、首の中の空間がぐわーんと広がった感じがした。

あまりにも気持ちがよくて、首をぐるんぐるんまわして、その感じをしばらくの間楽しんでいた。

すっごーい!
なんなんだぁー!
これは~~!

って感じ。

ほんの数秒間だけ手を置いていただけなのでした。

小顔になる顔の施術もされるらしく、患者さんは、スポーツ選手のほかにも、芸能人やアナウンサーの方々も多いらしい。

セドナにマドンナの別荘があって、ちょうどその前を通ったとき、先生は、「今年の初め、マドンナも治療しました。」とおっしゃった。

超ミーハーな私は、「え~すごっい!マドンナの体ってどんな感じでしたぁ~?」と聞いた。

先生は、「誰でも、みんな、同じ体です。」とあっけなく、おっしゃった。

私は、まだ納得せず、「たとえば、エネルギーとか何か・・」とさらにつっこんだ。

「すごいエネルギーを持っています。だから、あれだけ成功するのでょう。 そして精神性も高いです。」と答えられた。

ふ~~ん、やっぱりね~~、と、何となく期待していた答えを得られて、嬉しい私であった。


先生の治療は、紹介者がいないと受けられないとのこと。

でも、私を通して来る方は、OKとの了解を得ました。

やったね!

興味がある方、直接メールでご連絡をくださいね~♪

不思議な雨と太陽と土井良先生の一日でした。

ありがとうございます☆


☆是非、ここをクリックしてくださいね。ご協力をありがとうございます☆  


              ランキング