Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

砂漠の中の小さな生き物たち


1.jpg


今日、ハイキングをしていて思わず「ぎょぇっ!」と声を上げてしまった。

ハイキングトレイルの出口のところで、イグアナが待っていた。
これは、トカゲよりもかなりでかいから、たぶんイグアナだと思う。

カメラを向けるとしっかりとポーズをとってくれた。
しばらくしたら、茂みの中に隠れた。

その歩き方は、まさしくちっちゃな恐竜だった。
足をしっかりと使ってノシノシと歩いていった。

黄緑色の身体をしていてきれいだった。
アリゾナの砂漠の中に長年住み、キレイとようやく言えるようになった自分が嬉しい・・・。




2.jpg


歩いていると日本酒をぐいっ!と呑みたくなるようなおチョコが赤い大地の上に伏せてあった。

蟻の巣のおチョコ。

下を見ていなければついつい踏み潰してしまいそう・・・。

今はモンスーンシーズン。
大雨が降ったらたちまち流れて壊れてしまうだろう。

大雨がやってくるまで、このおチョコはどれくらい大きくなるのかな?
踏まなくってよかった・・・・。ほっ!





3.jpg


大地の上で、静かにひっそりとしている存在があった。
Common Buckeye という蝶々だった。

模様がとーてもきれい。

ジーとみていたら、だんだん気持ち悪くなってきた。
なんでだろう・・。ごめん、蝶々よ。

きっと、目みたいな模様をじーと見ていたから、くらくらとなってしまったのかも。
変な意識に入らせてしまう蝶々・・・すごいぞっ!


セドナの砂漠で生きる小さな生き物たち。

しっかりと生きています。

しっかりと自己主張しています。



一緒に自然を共有しようね。


いつもありがとうございます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

9/4から9/24のネイティブアメリカンの長老たちとのペルー・ボリビア巡礼の旅に参加を考えていらっしゃる方。まだまだ間に合います。
3週間の旅ですが、1週間のみの参加でもOKです。
ぜひ、現地で一緒に儀式とともに祈りましょう!
連絡待っています!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆