Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

夫のLeeがアセンションしました。

5月14日、午前2時52分。

夫のLee(Lipo)が肉体を離れアセンションしました。

日々皆様から頂いていたあたたかい愛とサポートのおかげ様でリーはここまで肉体を持ち続け、アセンディッドマスターと共に仕事をすることができました。


心より感謝いたします。


ありがとうございます。


リーは肉体を余すところなく使い切って、気持ちよくアセンションしていきました。


その姿はあっばれそのものでした。


4/28日に終了したネイティブアメリカンの長老たちによる祈りのイベントにリーは全部のエネルギーを注ぎ込んで逝ったかたちになりました。


このイベントが地球のアセンションにとってとても重要なものであり、成功に向けて文字通り身を張って参加していました。


車椅子に乗りながら、イベント全行程において体力の許す限り参加してイベント全体のエネルギーのバランスを取り続けていました。


リーは、毎日朝起きてから寝るまで、アセンディッドマスターとともに働き、たくさんの人々を助け、またアセンションの道を説いていました。


YouTubeでYakima Leeと検索していただければ、Leeがアセンディッドマスターから得た情報と叡智をいかにできるだけたくさんこの世に残そうとしていたかを見ることができます。


それは、亡くなる日まで続けていました。


亡くなる3日前、すでに食事はもちろん、水さえも口にすることができなくなっていたけれど、自分の書斎にカメラを設置して、アセンディッドマスターからのメッセージを録画していました。


また亡くなる2日前は、あるネイティブアメリカンから依頼されたボランティアの仕事(CDとDVDの作成)を力つきるまでしていました。


まさかやっていないだろう・・と思っていた私は、リーが逝った後、ほとんど完成まじかの状態でそれらが仕事場に残っていたのを見て、なんてすごい精神力なんだろう・・と唖然としました。


亡くなる日、私にホスピスに連絡するように言い、呼吸困難の中すべて自分でホスピスの申込手続きにサインをして手続きを済ませました。


でもそのときの私はすぐにリーが亡くなるとはこれっぽっちも思っていませんでした。


リーはホスピスに移ることを拒み、自分の寝室のベッドで治療を受けることにしました。


人工呼吸器をつけ、モルヒネを投与され、リーはすぐに眠りに入りました。


3時間後、リーは一度目を覚まし、「もう一度僕は寝たらもう目を覚まさない・・アセンションする・・」と私に言いました。

そのときの私はまったくその言葉を聞いていませんでした。
脳みそが聞くのを拒んでいたみたいです。
その言葉を思い出したのは、その2日後でした。


2日後それを思い出したとき、大きな杭がみぞおちにくい込んだような重く鋭い激しい痛みがみぞおちを襲ってきました。


でもそのときの私はその言葉を聞いていなかったので、おもいっきり能天気にリーと接することができました。


「明日になったら元気になるねー。もうすぐ日本に行けるねー」と、完璧にそれを信じて言っていました。


私たちは5/20から日本へ行くことになっていて、5/30にリーのワークショップを東京ですることになっていました。


一度目を覚ましたリーの体は汗ばんでいたのでTシャツを取り換えることにしました。


リーはTシャツを脱ぐため、私の助けを借りながらもほとんど自力で上半身を起き上がらせました。


Tシャツを脱がせて新しいのを着せる間、リーは力尽きてまた横になってしまっていました。


私は「あらら~~寝ちゃったのねー、ホラホラ起きてー」と、またまた能天気にリーの上半身を起こしました。


そのときも私の助けをほんのちょっと借りただけで自分で起き上がっていました。


今、思えば、リーは最後の力を振り絞って私の言葉に従ってくれていたのです。


心配かけないようにするリーの精一杯の私への愛でした。


その後、リーは左にある電気スタンドを力強く握りしめ、私の目をまっすぐに見て、

「HOLD THE LIGHT !」と、ほとんど出ない声を振り絞って私に言ってきました。


まさかもう少しでアセンションするとは思っていない私は、


「電気を消したいの?」と言いながら、スタンドの電気を消しました。
するとリーは力強くNOと首を振ります。


「あら違うの?」と言いながらまた電気をつけるとニコッと笑いながらYESというように首を縦にふりました。


そして目の前にあるもうひとつの点灯している電気スタンドを右手で力強く指さし、左手はしっかりと電気スタンドを握りしめたまま、私の目をしっかり見てもう一度、


「HOLD THE LIGHT !」と力いっぱい伝えてきました。


そして思いっきりの笑顔を私に残して眠りにつき、6時間後の午前2時52分、私の腕の中で私に見守られながらアセンションしました。


リーは最後の言葉を私に一生懸命伝えていたのです。


「光を持ち続けなさい」


「光を維持していきなさい」・・・と。


リーは最後の最後まで、アセンションの道を私に見せてくれました。

ときどき、私はリーに

「私たち夫婦って本当に先生と生徒だわ。まったくスイートじゃないわっ!」と甘えのような文句を言っていたこともありました。

でもそれは愛情の情に振り回されない、深い無条件の愛からの行動だったのです。

ここまで私を手とり足とり自分の生まれてきた目的にそって生きられるように導いてくれたリーに心から感謝します。


ありがとう。Lee・・・。


あなたはすばらしい夫であり、私の最高のティーチャーでした。


「ハニー! アイ・ラブ・ユー!」


今Leeは、アセンディッドマスターLipoとして、弟7光線でセイント・ジャーメインと一緒に仕事をしています。そして人々のネガティブなカルマを燃やして聖なる光に変えるための手助けをしています。


5/30に Lipoがすることになっていたアセンディッドマスターのワークショップは、Lipoの意を継ぎ私が追悼ワークショップというかたちで行います。


ダイナビジョンさん主催です。
詳細は以下のとおりです。

http://www.dynavision.co.jp/lipo2009_05.html


突然のLipoのキャンセルでダイナビジョンさんには本当にご迷惑をおかけいたしました。そして私がワークショップをすると決めたときにもあたたかい励ましをいただきスムースに実現へと運んでくださったそのサポートに心から感謝いたします。

そして追悼ワークショップに申し込んでくださっていらっしゃる方々に感謝いたします。当日お会いできるのを楽しみにしております。


また、たくさんの方々から励ましのお言葉やメールやサポートを頂いております。

ひとりひとりにありがとうと伝えたいのですが、今は、なかなか言えない状態です。

この場をお借りして、皆様に心より感謝を申し上げます。
そのお言葉とサポートが今の心の支えとなっています。

皆様からの温かいサポートのおかげ様で私とリーは生かされています。
いつも本当にありがとうございます。


どんなときも太陽が昇り、新しい1日が始まることがうれしいです。

今日も素敵な光いっぱいの一日に感謝です。


そして、どんなに深い虚無感やさみしさがあっても時間が癒してくれるということをすでに10日間が経った中で実感しています。

たんたんと流れる時の流れに感謝です。


☆ありがとうございます☆


人生ってすごいね。
おもいっきり魂が望む道を生きていこうね。



☆ありがとうございます☆



「さてとっ!

 明日もリーのスピリットとともに光に向かって歩いていくぞー!」



☆ありがとうございまーーーーーす☆