Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

セドナは雨季・・心のお掃除の時

やっと帯状疱疹から楽になってきた。

10日以上前からおでこから足先に向かって疱疹ができてしまった。

かゆかった・・かゆかった・・。

今は右足にかすかに残る神経痛を抜かしてはほとんど完治かなぁ・・っていったところ。

あ~~よかった・・。


なぜか周りで、帯状疱疹になっている人がやたらと多い。
なんでだろう・・。みんな身体のお掃除の時期に来ているのかな・・・。


帯状疱疹になってすぐから、3日間の断食とそれ以降は玄米粥か白米粥に野菜というシンプルな食事に替えた。

身体の中からすっきりとお掃除がなされた感じ。
なんだか帯状疱疹に感謝かもしれない・・と思ってしまった。


私が全身の痒みと神経痛で家でじっとしているとき、同居している美穂ちゃんがせっせと食事やら掃除やらと何からなにまで面倒を見てくれていたので、私は治癒に専念することができた。

本当にありがたかった。感謝、感謝なのである。



帯状疱疹になったのも、リーが亡くなってから毎日忙しくしていたから、きっと身体がもう動けませーんと言ってきたのだろう・・。


リーがいなくなった喪失感を埋められるのは忙しくし続けることだったから・・・。

2か月がたち、そろそろちゃんとその喪失感と向きあう時期が来たみたい。


今、リーのことを思い出そうとしてもはっきりと思い描くことができない。

自分のことを客観的に見ようとしてもなかなか見れないのとちよっと似ている。


リーの存在が自分の胸の中にいるからだと思う。

日ごとにリーがハートにしっくりと収まってきた。


これは、愛する人を失った人への神様からのプレゼントだと思った。

とても切なくて悲しくて喪失感は常につきないけれど、なんだかありがたい感じもしてくる。いつも一緒って感じ。


私の中でいろいろな感情が現れ、そして動いて、消えていく。

すべて私にとって「お初」のことばかり・・。


これからまたいろんな感情とちゃんと向かい会っていくことになるけれど、その分リーの存在がハートの中に実感できるから、乗り切られる。がんばれる。


しっかり身体もお掃除して、休養もとれたので、そろそろ活動開始ってところ。



今のセドナは雨季。


毎日、雷とともに気持ちの良い雨が降る。

私の身体と心をおもいっきり洗い流してくれているみたい。


自然界もそして友人たちもみんなヘルプしてくださる。


ありがたい。



先日の新月からまた新しいエネルギーがやってきた感じ。


何か始まるんだろうね。


今、ちょっとワクワクしてそれを待っているところ。



いつもありがたいです。


素敵な毎日に感謝です。



ありがとうございます。