読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

私の癒され方

未分類
LA(ロサンジェルス)に住む雅代ちゃんのところに一週間ほど行ってきた。

おかげさまで私の体は超癒された。

ヨガナンダが建てたレイク・シュラインで瞑想をしたり、硫黄の温泉につかったり、ビーガン・ベジタリアンレストランにいっぱい行った。

みちよちゃんがやっている「Fresh in The Box」の玄米寿司がすごくおいしかった。

ありがとうね。みちよちゃんっ!
うまかったぞぉー。


雅代ちゃんが住んでいるところは、リーが30年くらい前に住んでいたあたりで、リーの追悼の旅にもなった。たくさん笑ってときどき泣いた。

そのあたりには、リーとの思い出がいっぱいあった・・・。


突然決めた旅行だったが、あきらかにリーに導びかれて行った旅となった。

旅の後、私のハートがまたクリアになった。


そして旅の間、なーんも気にせずに、楽ちんに過ごせる友人たちがそこにいてくれることにも感謝・・。


自分の中だけではなかなか答えを導き出せないことでも、友人のほんの一言で心が晴れたり、ひらめきがやってきたりする。


とてもありがたい。





セドナに戻ってきたら、アセンディッドマスターのレディ・ーナーダと観音様からコートハウスロックのある場所に来るようにとおよびがかかった。


それも夕方の5時半過ぎ・・。


あわてて水とカメラとメモ用紙とぺンをパックパックに詰め込んで出かけた。



co3_a.jpg


とにかく足が向く方向へと進んだ。


co2a.jpg



私にも初めての場所だった。



co1a.jpg



これ以上頂上に行けないという場所まで一揆に登らされた。


あるところから彼女たちのオーラの中に入った。

そのとたん、涙が込み上げた。


嗚咽と涙とともに赤い大地をそのまま登り続けた。

涙がレンズ代わりになり、緑が大地がさらに鮮明に見えたりする。


とにかく気が済むまで幼子のように泣いた。


あたりには誰もいない・・・。


今度はおしっこがしたくなった。


お~~出てくる。出てくる。

体からいっぱいいろんなものを出そうとしている。


そのまま木陰で泣きながら用を足した。(自然児ですみません・・(笑))



頂上に着くころには鼻歌を歌っていた。

そしてディクリース(チャンティング)を唱えながら登っていた。


私の体を取り巻く波動がかなり軽くなっている。


気持ちが楽になっている。


「今」にいることができる。



このコートハウスロックはアセンディッドマスターのカルマ評議会のリトリートとなっている。


レディー・ナーダと観音様はもちろんカルマ評議会の一員。


おかげさまでたくさんネガティブなものを燃やさせていただきました。


ありがたいです。



LAで友人たちと過ごしたことで私のハートと体は癒され、帰ってきてからはアセンディッドマスターからエーテル体のお掃除と癒しパワーをいただいた。


皆様のおかげさまで生かされている私であります。



駐車場に戻ったらかなり暗くなりかかっていた。
月が出るまでそのまま車の中で瞑想をすることにした。


しばらくしたら、ベルロックのちょうど右あたりにUFOが現れた。


ラッキー!


しばらくきれいな色を発しながら細くうごき回っていた。

この日のUFOはかなり長く現れていた。

元気とワクワクをもらった。


私だけではもったいないと思い、近くに住んでいる友人に電話をしてUFOのことを教えている間にスーと消えてしまった。



・・・と、UFOのプレゼントまでついたすばらしい1日でした。




たくさんの存在に感謝です。




いつもありがとうございますϡ





ps:インターネットマガジンの「トリニティー」で私の記事が連載中です。
   よかったら読んでくださいねー。
   

   http://www.el-aura.com/index.php