読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

「 信じる 」

セドナのチャネラーが日本向けにDVDを作成することなった。

日本からスタッフも来て、ここ数日、その撮影の通訳とカメラマンをしていた。


今日は、この撮影の最終日だった。


撮影に入る日まで連日ずっとお客様とボルテックスエナジーワークをしていて、そしてそのまま休みなく撮影に突入した。


毎日毎日ボルテックスでの仕事は、どんどん意識がハイになりバイブレーションが細かくなっていく。


そして身体もついていけるって思ってしまうが、身体はなかなかそれについていけないのが事実。かなり疲労がたまってくる。



そんな中での最終日の今朝・・。

いつもとまったく違うエナジーの夢を見て、ハッ!として目が覚めた。
夢の中で危険にさらされていた。緊迫感いっぱいの夢だった。


めずらしい夢を観たなぁ・・と、その夢を頭の中でなぞっていたら、


「今日はやめなさい・・。」


「そこに命をかける必要はない・・。」


  とメッセージがやって来た。


「え~~!!だって当日の朝だよぉ。そんなの無理だよ。」と心の中でつぶやく。


そのうち、意識がふ~~と飛んで、またメッセージと映像がやってきた。


それをしっかりと受け取ったとき、私はベッドに横になったまま、そのチャネラーに電話をしていた。


そのまんまのことを伝えた。


そしたら、そのまんまを受け取ってくれた。


そして私は1日中、家で過ごすことになった。


ほっ!として、ベッドから起き上がろうとしたら、足がもつれて歩けない・・。

なんとも・・こんなに限界になるほど私は身体を酷使していたのであった。


今日は家で過ごすと決めなければ、きっと無理をして、意識で強引に大丈夫だって自分を持って行って、仕事に出かけていたことだろう・・。


今日の撮影の場所は、セドナでもかなり危険な場所。かなりの崖っぷちを登る予定だった。

この足でそこに行っていたら本当に危なかった・・。


夕方まで手足が頭と連携プレーできずに、いろんなものにぶつかったり手から物を落としたりしていた。


今までの私のパターンだったら、人に迷惑をかけたくないという一心で、無理をしてでも約束を守ろうとしていた。


でも、ときには、その約束は自分がやらなくても、他の人が替わりに出来たりすることもある。

そしてその方が万事OKだったりする。


どんどん自分の古いパターンが脱ぎ捨てられていく。


そしてスピリットからのメッセージを心から信じられる私がいるのに気がつく。


私は車を運転しながら、よくスピリットと会話をする。

先週は、スピリットから「信じる」ということがどんなに大切なのかを気付かせてもらった。


メッセージが来たら、自分でそれを100パーセント信じる。


信じるから次に進める。

信じるから自分でいられる。

信じるから自分の居心地の良い場所を自分の中に見つけられる。


「信じる」全ては、そこから始まる。



先週、このようなワークをスピリットとやっていたので、今朝はスピリットを信じて、自分を信じて実行に移すことができた。


・・すぐにお試しがやってきますね~~。


・・・っていうか、先に自分の身体の声を自分でちゃんと聞きなさーいっ!て感じですよねーー(笑)



今は、もうすぐ今日が終わる時間・・。

この時間になってようやく身体と頭が連結してきた・・。


休めてよかった・・。

ありがたや。


明日もゆっくりと休もーっと!


スピリット、そして、みなさん、ありがとうございまーーす☆