Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

ピンクジープと巫女舞

今日は、ラスベガスに住む友人ファミリーと一緒にセドナを観光客気分で味わった。


アメリカに1人で住んでいても、こうしてハートとハートでお付き合いができるファミリーがいてくださることが、ありがたいし感謝なのである。


「ここはフランスかっ!」と思わせるような佇まいとウエイターたちがそろっているオーベルジュホテルのレストランで、サンデービュッフェをいただいた。


アラン・ドロンがあちらこちらにいっぱいいた。

アラン・ドロン・・・ちょっと古いたとえだったかな・・・(笑)


食事もサービスもかなり満足して、楽しい友人たちとの会話で私のハートはとーてもワクワク♪した。


そしたら、宇宙存在の「バシャール」をチャネリングするダリル・アンカさんもこのレストランで食事をしていた。


バシャールといえば、「ワクワク」のメッセンジャー!


だ・か・ら、かぁ・・・なおさらだったなぁ・・って納得してしまった。


ピーン!とビジョンが浮かんだので、ダリルさんと友人を紹介した。(ほとんど、強引に・・(爆))

これから素敵なつながりに発展するといいなぁ・・。





その後、なんとなくの流れで、ピンクジープに乗った。

さすがに、地元の人は乗ることがないであろうこの観光ジープ。

良い経験だった。


運転手兼ガイドが語ってくれるのを理解できれば、まあ・・楽しいかな。



pinkjeep_1.jpg




でも、私的には、???? 

自分で好きなところに行って、ゆっくりと歩いて自然を堪能した方が好きかも・・って思ってしまった。


ジープツアーの後、お友達ファミリーと解散して、家路に向かった。

途中なぜか、私はハンドルを家ではない方向へと向け始めた。


これはほとんど無意識状態。

向かったのは、ブロークン・アロー。


ここもよくジープツアーで案内される場所。


駐車場に車を停めて、ハイキングをした。


おっと!今日もヒールのサンダルであった。

このごろ、なぜかサンダルでのハイキングが多い。

(注意:普通は危険なのでやめてくださいねーーーー。)





DSC01036b.jpg



トレイルを少し進むと、地元の人たちに「あだ名」が付けられているとても面白い岩がある。

写真をご覧になって、その面白い岩を探してくださいね。

ヒントは・・「ちょっとモザイクが必要かな?」です(笑)





サイプレス1.jpg



ここは、サイプレスという木が生い茂る森。

岩がVの字になっているところから、太陽が差し込んで来る。


気功の形で深呼吸をした。

しばらく続けていたら、気功の形から「なんちゃって巫女舞」へと移行した。


風を感じて舞う。

目の前のサイプレスのエナジーを受けて舞う。

大地からの気を感じて舞う。


あくまでも自然の揺らぎと調和するように・・ゆっくり、ゆっくりと・・・。


日本に住んでいる時、祐子先生から「エリック・ホーキンズ・テクニック」のダンスを5~6年習っていた。

習っているとき、私は劣等生で、まったくその効果が見えなかった。

でも、自然の中で暮らしていて、自然と同調することに意識を向けていたら、

自分の内側から、内臓から、身体を動かすっていうことが少しずつわかってきた。


祐子先生っ!


踊れるまで、すっごーーく長くかかりましたけど・・・、

踊れましたぁ・・・。

ありがとうございまーーす!!


これからどんどん踊っていこうっと!



今日は、友人たちと楽しく過ごし、なんちゃって巫女舞をして、かなり気分がすっきりとしました。


ブディーがスピリットになってから、友人たちからいっぱい励ましのお言葉を頂きました。


うれしかったです。


ありがとうございます。


私は、みなさまからの「お陰様」で、またハートをワクワクモードへと移行することができました。



感謝です!!


ありがとうございまーーす☆