Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

11月7日、京都。マヤ大長老と日本の祈り人による火の儀式

アトランティスの火とレムリアの火が統合される儀式が、11月7日、京都で行われます。


南米マヤ族のアレハンドロ大長老と阿含宗の桐山館長との合同フィアニーセレモニーです。



今年2月、阿含宗から依頼を受けて、アレハンドロ長老と桐山館長とのご縁をつなげさせてい

ただきました。


それ以降、私は私のお役目に専念させていただいていて、まったくこの儀式の準備には関わっ

てはいませんでした。


ですが、今回、儀式のご招待をお受けして、お伺いすることなりました。



私がご縁をつなげさせていただいた理由は、アトランティスの「火」と、レムリアの「火」の

統合による古の地球のカルマの解消のためです。


アトランティスの繋がりをもつネイティブアメリカンとレムリアの繋がりを持つ日本人。


アトランティス人はレムリアを火で滅ぼしました。

その古のカルマが繰り返されて、第二次世界大戦では、日本に核爆弾が落と

されました。またもや火による破壊が繰り返されたのです。



今、地球はとても早い速度でアセンションに向かっています。

そのための浄化も世界中で起きています。


そして何よりもアセンションにとって大切なことは、アトランティスとレムリアの古のカルマ

を解消することなのです。


だから無意識的にしろ、意識的にしろ、ここ数年たくさんのネイティブアメリカンが日本を訪

れセレモニーを行い、多くの日本人がネイティブアメリカンの聖地を訪れ儀式を共にしている

のです。



この3次元に現れされることは、6次元のエーテル体の反映です。

肉体のヒーリングから見ても、肉体に現れている現象だけをヒーリングしていても、根本的な

エーテル体のゆがみをとらなければ、本当のヒーリングはなされません。


肉体は「大地」、アストラル体は「水」、メンタル体は「空気」、エーテル

体は「火」を現わします。



今回、マヤの長老と日本の祈り人による火の統合がなされることは、エーテル体でのカルマの

解消とエネルギーの統合となります。



私は無宗教であります。

信じるものは、大いなる存在であり宇宙の法則である。


常に自分の中をクリアにして、大いなる存在と繋がり直感を受けとることに集中している。


地球のアセンション、人々のアセンションに意識を置いている。

私の生活はそれだけと言ってよい。他に望みはない。

そのために必要なことは最善と共にやってくると信じている。



今回、宗教団体にマヤの長老をつなげたことを悔いたこともあった。

そのとき宗教団体に対する、思い込みが働いていた。


だけど、やり方や進み方かは違うけれど、行きつくところはみんな同じなのだった。

どれを選択してもOKなのだ。



今回の火の儀式には、アセンディッドマスターが大きく関与している。

私は、この儀式にアセンディッドマスターと共に参加し祈る。



お時間がある方、ぜひこの古のカルマの解消となる地球規模の祈りにぜひいらしてください。


宗教を超えた、とても大切な祈りとなります。



一緒に祈りましょう。



詳しくは、以下を参照してください。


http://www.agon.org/event/event_detail.html?topics=234



私はこの機会に日本へ行き、そのまま2か月間を日本で過ごします。


このセレモニーの後のエネルギーの流れで、私は、必要な場所へ必要とされる場所へ行くこと

になると思います。


今、ある国が私のハートに呼びかけています。

今回は、日本からその国を訪れ、日本に戻り、日本のある場所へとそのエネルギーをつなげま

す。



また日本滞在中、アセンディッドマスターヒーリングや、リーディングセッション、ワークシ

ョップなど行う予定です。


まだ何も決まっていませんので、ご縁を感じていただけた方からお声をかけていただけたら嬉

しいです。



日本に11月4日に到着します。


その間、約2ヶ月間、セドナでのワークをお受けできなくなりますが、ご了承くださいませ。



いつもたくさんのサポートをありがとうございます。


感謝とともに・・・。