Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

セドナに戻ってきました

昨日セドナに戻ってきました。

日本ではいろいろとお世話になりました。
ありがとうございます。

今回の2ヶ月間の日本滞在も、たくさんの方にヒーリンングセッションやイベントに参加していただいて、とても嬉しかったです。

ありがとうございます。


そのときのエナジーの流れで突然に決めてしまうセッションやイベントでしたが、急にも関わらず、多くの方から連絡をいただいたり、参加していただいたりで、とても感謝いたしました。

みなさんとすてきな光をシェアすることができて嬉しかったです。

ありがとうございます。



1/4の新年の新月のマントラナイトでは、高次元のチャンティング・音魂に全身を包み、高い波動に包まれてみんなでダンスをして、新しい新年のスタートをきることができました。すばらしかったです。

この細かいバイブレーションが身体に浸透することで、なんともいえない昂揚感と、充実感と幸福感に浸ることができます。


そして、その場を離れてみるとさらにその効果に気がつく方が多かったみたいです。

翌日、いろいろな方から嬉しいお声が届きました。


「肩が痛くてあがらなかったけれど、痛みが楽になった。」

「風邪をひいていたけれど、どこかに飛んで行ったみたい。」

「明け方、クラウンチャクラとハートチャクラにたくさんの光が入ってくる感じがしてびっくりした。」

「朝、なんとも言えない幸せ気分に包まれて目を覚ました。」

 etc・・。


私もそのようなお声をいただいて、とーても嬉しかったです。
ありがとうございます。



LIpo/リーが、生前に作成した高次元の音のディメンショナルミュージック。

すごい音を残していったんだなあ・・って改めて感じました。

リーはちょっと早すぎたね。
やっと今、私たちは、この音のすごさと良さを感じることができます。

ライブの会場で、リーの曲が流れたときの波動とあの宙に浮く感じは自分でもびっくりしました。

リーはこれを生前にしたかったんだね・・。

ごめんね。Lee・・。気づくのがおそくって・・。
やっと、こうして、日本でスタートしました。
リー・・これからも私たちを見守ってエナジーを送ってね。


突然決めたライプに、たくさんの友人たちが友情出演してくださり、スタッフとしてヘルプをしてくださいました。

みんなそれぞれ違った分野で得意なものを持っていて、それを自然な形で表に出して、全員で流れをつくった感じでした。

その自然にできたサポート体制に感謝しました。
ありがとうございます。


そして会場にはお正月にもかかわらずにたくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございま~す。


当日にすべてを決めたので、私はあっちにいったり、こっちにいったりで、落ち着いてみなさんとお話ができなくてごめんなさい・・。

でもひとつになった光とエナジーをみんなで分かち合えた時、あ~!みなさんとシェアができたなーー!って全身が喜びました。

ありがとうございます。


また、このマントラナイトは続けて行きたいと思います。

最初からずっと、全体的にサポートをしてくださった、目白クリスタルガーデンのYokoさんに感謝いたします。

Yokoさんの、「この音で踊りた~~い! やろうよっ!」
の一言から、このマントラナイトを実現する運びとなりました。
本当にありがとうございます。


マントラナイトで流したディメンショナルミュージック。
今の時代に本当に必要な音なんだって実感しました。

リーは生前、Kriyashakti (クリヤシャクテイ)というユニットで、
そして、Yakima Lee(ヤキマ・リー)としてソロでこのディメンショナルミュージックを作成しました。

今は、セドナの私のところだけで販売していますが、いずれ、日本でも販売できるようにしていきたいと思っています。

たくさんの人にぜひ聴いていただきたいと思います。
一人一人のアセンションを促す波動をぜひ全身で感じていただけたらと思います。



本当にすてきな日本滞在でした。

ご縁をいただいた皆さんに感謝いたしまーーす。


☆ありがとうございます☆