読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

☆クリスマスの過ごし方☆

未分類
一人で過ごすクリスマス。

今まで私は、クリスマスはいつも友人か家族と一緒に過ごしていた。
だから、一人ぼっちのクリスマスを過ごすことになったとき、恐怖がやってきた。

すごく怖かった・・。

この恐怖・・Leeが亡くなった夜の恐怖に似てた。
ロンリネス・・ひとりぼっちという恐れ・・。

インナーチャイルドの私が、必死になって、その恐怖をとりつくろうとする。

じたばた・・ジタバタ・・。

自分だけが、世界から取り残されたような感じがした。


クリスマス・イブ。
一人でもちゃんとディナーを作って、ワインを掲げて、メリークリスマスって言ってみた。

そしたら・・ようやく大人の私が顔を見せてきた。

あれっ!

もしかして、私は、商業的なクリスマスのマインドコントロールにはまってる?
クリスマスに一人で過ごす人はいっぱいだよね。

深い自分の中に潜んでいたインナーチャイルド。

「一人になる恐れ・・。」

こんなところで現れてきた。


12月は、私の心の中にある負のものを清算するぞーって、コミットした途端にやってきた。

そして、気づいた。

私はずっと、Leeの亡霊というか、スビリットともにこの2年半を過ごしていた。
あたらしいパートナーを見つけたいと思っていながら、ずっと、Leeに執着してた。

毎朝、Leeの写真を見て、おはよーって言って、ことあるごとに話しかけて・・。

いつもLeeがそばにいる感じがしてた。
だから、心の底から寂しくはなかったんだって気づいた。


清算にコミットした私は、ようやくLeeの遺品をきれいにし始めた。
Leeの友人たちに電話して、取りに来てもらうようにした。

仏壇も写真も取り払うことにした。

とたんに、心の深いところから哀しみがやってきた。
立てないくらいの哀しみ。嗚咽。

ずっと、この部分を見ないで、見ないふりをして、手をつけてなかった。

手放して、新しい出発をするって決めたから、
口から心臓が飛び出るくらいに苦しいけど、やる。


翌日のクリスマス、インナーチャイルドの私がジタバタする。

「ひとりは寂しい。今日のクリスマスは、どうやって過ごしたらいいんだろう・・。」


大人の私は、その声に気づきながら、なだめながら、森の中へ出かける準備をする。


ドイツ人の友人、クラウディアが教えてくれた。

「本来のクリスマスツリーは、人々が、常緑樹に、いつも変わらぬ元気と長生きを祈り、木に宿る精霊にクッキーやくだものなどの甘いものを捧げたのが由来だ」と言っていた。

セドナの森は、サイプレス(杉科)とジュニパー(檜科)の常緑樹の森。

私は、ブロークン・アロー・トレイルを選んだ。

ここは、インディアンと白人の戦いを終わらせる映画「ブロークン・アロー」の舞台となったところ。

私にとって、自分の中のインナーチャイルドと今の自分の葛藤を終わらせる舞台。


IMG_1535.jpg


一つの根っこから4本の幹が伸びていた。

その真ん中に立って、クリスマスソングを歌った。
寂しくて、涙が出た。

そしたら、目の前に虹色の光が降りそそぎ、木々の間でキラキラ光った。



IMG_1536.jpg


あたり一面がクリスマスツリーになった。

木に囲まれて、とてもあたたかかった。幸せに感じた。

しばらく歩いたら、気になる場所があって、そこに座って瞑想をしたり、チャンティングをした。

そして、寝転がって、泣きながら、大地の癒しを受けながら、空に向かって、今、手放したいこと、そして、来年に成し遂げたいことを口に出してみた。

いっぱい泣いたら、ハートに隙間ができてきた。
その隙間に心地よいバイブレーションが入って来た。


ひとりで過ごすクリスマスって、こんなにも神聖なんだって気がついた。

大自然のエレメントとしっかりと繋がり直して、来年に向けての、精気をたっぷりといただいた。

午後一番でここに着いたのに、気がついたら、太陽が西の山の陰に隠れるところだった。

ネイティブアメリカンのやり方をまねて、タバコの葉っぱを大地に撒いて、感謝をして、その場を去った。

もう一度、振り返って、さっき居た場所をみたら、虹色の光でその場所が輝いていた。


IMG_1560.jpg


たくさんの精霊がそこにいる気がした。

たくさんの精霊たちとずっと一緒にいたんだって感じた。


ひとりで過ごすクリスマス。

恐怖の向うには、こんなにすばらしいギフトが待ってた。


これからは、クリスマスだからってジタバタしない。

ひとつ、また大人になった私がいる。


☆ありがとうございます☆