読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

ワンハート日本巡礼記録5

未分類
2月のワンハート日本巡礼記録の続きです。

私たちは、佐賀県にある玄海原子力発電所を訪れ、見学ツアーに参加した。

原子炉についてのビデオが流された。

3.11の大震災の前に作られたそのビデオの中では、いかにこの原子炉が地震に対して安全であるかということを、語り役のアニメキャラクターが、妙に明るくリズミカルに説明していく。それが、むなしく見えた。

私たちと同行していた仲間の一人が、スタッフに訪ねた。
どうして、大地震の後に、このビデオを流し続けるのですか?と。

スタッフの女性は、もう何度もこのことを言われつづけているのであろう。
苦い笑顔を私たちに向けただけだった・・。



RIMG0207.jpg


RIMG0206.jpg

実物大の原子炉模型。




RIMG0220.jpg

真剣な眼差しで説明を聞く私たち。




RIMG0215.jpg

ウランの現物。


長崎と広島に落とされた原爆のウランは、アリゾナ州のホピやナバホの土地から採掘されたもの。


RIMG0246.jpg

発電所の窓から原子炉を眺めるロイ。



その後、ロイは、みんなを集めて、白い紙に日本列島を書いた。
その上に北東から南西に向けて通り抜けて行く龍を書いた。

ちょうど龍の頭頂部が、この原子力発電所になり、口のところが長崎県の平戸になっていた。


ロイの説明を私なりに以下のように解釈してみた。

キリスト教を始めとした、海外からのエナジーが平戸から入って来た。
日本列島にそって、北東から南西に向けて入って来た龍の動きと、そのエナジーが平戸でぶつかり、龍の動きはそこでストップした。

クラウンチャクラの大切なところに原子力発電所がつくられ、高次元とのつながりが遮られることになった。

今、日本を意識的に立ち上がらせるためには、この龍の動きを、南西から北東に、180度向きを変え、上向き・アセンションへと向かわせる必要がある。



・・・・ということだった。



原子力発電所を後にした私たちは、エナジーがぶつかった場所、平戸へと向かった。

長距離ドライブだった。
途中で、海が深く入り込んでいる入江があった。

車を運転していた健太郎くんが、「こういうところには、牡蠣小屋があるんだよね・・。」と言いながら、辺りを見回していた。

どんぴしゃ!
牡蠣という看板が目に入った。



RIMG0259.jpg

私たちは、新鮮でおいしい牡蠣を、 お手頃価格でおなかいっぱいになるまで味わい楽しんだ。
巡礼の喜び・・こんなところにもあるね(笑)



その夜、かなり遅くなってから平戸に着いた。
荷物をホテルに置いた後、すぐに夕食に出かけた。

古い家屋のお好み焼き屋さんに行った。
客も店の人も心地よいエナジーをつくりだし、それは、この土地ならではの空気感のようにも感じた。

私たちが、東京から、ましてや、アメリカから来たと伝えたら、めったに、外の人たちはここにこないから、嬉しいね・・と言っていた。
そして、この辺りでは、クリスチャンがとても多いのよ・・と言っていた。


食事を終えた私たちは、ホテルの部屋でパイプセレモニーをおこなった。

平戸という土地と、そこに代々住み続ける人々のお役目に感謝と祈りを捧げ、
龍の頭を南西から北東に向きを変える祈りをおこなった。



翌朝、日の出と共に長崎空港に向かった。
平戸滞在は、日没後から翌日の日の出までという、本当に短い時間だったが、来る価値は十分にあったと思った。



RIMG0298.jpg

長崎空港で龍と記念撮影。


同行していた仲間たちと長崎空港で分かれ、ロイと研人と私は、沖縄へと飛んだ。


つづく・・。



PS: トリニティーwebマガジン連載「アイル・グラハムの光日記第19回」UPしました。 
  セドナのおすすめハイキングコースを書きました。読んでいただけたら嬉しいです。

  http://www.el-aura.com/20130423-03/