読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

冬至が明けましたー!

未分類
IMG_5655.jpg


昨日の朝、夜通し8時間に及ぶ冬至のワンハートダンスセレモニーが終了した。
今、平和と調和の気持ちの中で,これを書いている。


今朝,気持ちよく目を覚ました。
今日の太陽の光はさらにピカピカしていた。
新しく生まれかわった私の身体の隅々まで,その光が行き渡る感じがした。

「幸せの中で、シンプルな私が,ただここにいる。」・・そう感じた。


この状態をつくる。
これが,ワンハートダンスなんだって思った。
ひとり一人がこの状態になったときを,世界平和というんだろうなって思った。


IMG_5573.jpg

ワンハートダンス・・・。
無限のシンボル(8)をクロスにした形の中を大勢の人たちと連なりダンスしていく。
その一歩一歩が,大地に深くコネクトしていく。
踊り方は,自由。

途中で抜けたくなったら抜けて、また踊りたくなったら戻る。
全ては、参加者の自由意思の中。
強制やコントロールは一切ない。

ワンハートダンスの集いは,自然の中いる鳥の集いみたいだ。
集まるときに集まり,また時が来たら、すっと飛立って行く。

人によっては,新幹線や飛行機に乗って参加してくる。
ダンスが終わったら、気持ちよい笑いと調和の中で,すぅ〜と,帰っていく。
自立した人たちの集いだなって思う。


IMG_5669.jpg



ワンハートダンスのシンボルは、血液の流れのようなものとロイはいう。
そのシンボルの中をみんなでダンスをしていくうちに,自分の血もサラサラとしていく感じがする。

次第に,自分の中でいろいろな感情や思考の解放が起きてくる。
それは,プロセスを経ていくかのように変化していくが,それにとらわれずに,
ただただダンスをする。


ダンスをしていくうちに,一人ひとりの波動が,みんなと同調していき,ひとつの大きなうねりとなっていく。

自分一人で解放・統合をするよりも,そのプロセスが楽しさの中で,スムースにおこなわれていく。


IMG_5652.jpg



IMG_5593.jpg




ダンスが始まる前、ある人がロイに質問していた。

このダンスをしたらどういう結果がえられるの?

ロイは,ニコっと笑って

「私たちが,ただただ踊ることで,地球や人類にとって、想像以上にすばらしいことが結果として現れてくる。 それは,創造主しかわからないよ。」
と言った。

ごもっともっ! と思った。


前回、夏至のときに富士山の五合目で60人くらいの人たちと,ワンハートダンスをした。その時は,大地の中に溜まった外に出る必要があるエナジーを,平和で安全な方法で外に出すことを意図していた。

ロイは,富士での祈りのあと,日本を後にして,イタリアのシシリアへ行き,エトナ山の麓でまたセレモニーをおこなった。

そして,その4ヶ月後、世界の7つの火山がより安全な形で噴火をした。その一つは,小笠原諸島の西之島近く。そして,イタリアのエトナ山。

これは,偶然を超えたことのような気がする。


今回のワンハートダンスも,きっと,地球と人類にとって, 最高で最善なる形で, 結果が現れてくるのだろうなって思う。



ワンハートダンスに参加した人たち、そして,いろいろなところで祈ってくださった方々に感謝します。


冬至を境にして,大きなドアが開いた感じがしています。

また,夏至にどこかでワンハートダンスをしたいと思っています。

ぜひ,鳥のように自由に集まり,踊りに参加していただけたら嬉しいです。


たくさんの愛とともに・・。

いつもありがとうございます♡