読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

コロンビアの高僧マモと日本での祈り

IMG_3244.jpg

コロンビアのシエラネバタ山脈に住む4つの先住民族のひとつ、アルワコ族の高僧(マモ)が日本へやってきた。

彼らが山を降りて、文明社会の中に出てくるのは、現地コロンビアでもかなり稀有なこと。
それが、今回、5回も飛行機を乗り換えて、3日間かけて日本へとやってきた。

それくらい、日本は、切実に祈りのパワーが必要だということ。


IMG_3235.jpg

今回、アルワコ族のほかにも、マヤ族、ナバホ族の長老もやってきた。

山中湖と東京湾で、3日間祈った。約40人の日本人が参加してくださった。
福島の浄化と、日本の大地と水の癒しと浄化をメインに祈った。

シエラネバタの4つの部族の長老は、地球が宇宙の法則に則って、ちゃんと生命の循環がなされていくためには、まず、福島の浄化がなされなくてはならないとしている。

そのため、長老たちは、一年前から福島の浄化に意識を向けていて、集まり、祈りをしている。今回の来日は、そのプロセスの一環なのだ。
アルワコ族の長老は、常時、マザーアース(母なる大地)と会話をし続けている。

その姿は、かなり鋭く、そして、静かだ。それは、まるで、チーターのような野生動物のようにも見える。

私たちが輪をつくり、歌ったり踊っても、その中には入らず、輪の外で、違う方向見て、マザーアースとコンタクトをし続けていた。そして、決してぶれない、まっすぐな姿は、マザーアースのアンテナのようであった。

そこから、私は、祈りに対する心構えをあらためて学ばさせていただいた。
私は、マモの波動のうねりの中で、ずっと祈りに集中した。

IMG_3220.jpg

3日目、たしかな手応えを感じた。マモが意図している結果に向けて、プロセスがいくつか進んだのを感じた。


それを携えて、私は、明日から、岡山と九州の旅をする。
久しぶりの一人旅、でも、現地で友人が待っていてくれる。

そして、電車の乗り継ぎや宿泊先など、3次元的に苦手な部分を、友人たちが手助けしてくれている。
みなさまのおかげ様で、この3次元でもちゃんと生かされています。

ありがとうございます。

いっぱい祈ってきますね。

いつもありがとうございます✨


1417877976520.jpg