Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

新年のスウェットロッジ

 

f:id:IruGraham:20160103142439j:plain

 

2016年が明けました。

おめでとうございます。

 

 

 

f:id:IruGraham:20160103143556j:plain

新年の1日は、スウェットロッジの儀式からスタートした。

朝起きたら、強いエナジーを受けている時の独特の痛みが、首から頭にかけて来ていた。

 

 

この感じのままスウェットロッジの熱さの中に入ったら、かなり痛くなりそうだったので、今回は、ロッジの外で、中に入ってる人たちのサポートと祈りをすることにした。

 

 

 

f:id:IruGraham:20160103142612j:plain

 

ロッジの中から響いてくる歌声と太鼓の音に耳をすませ、静かに祈り、内観をしていた。ロッジの中での儀式も良いが、外で、こうして静かに一人で行うのも良い儀式となる。

 

 

f:id:IruGraham:20160103142718j:plain

紫色のトウモロコシの種をマタテという石臼で挽いたもの。

それを、ひとつかみほどつまんで、白いトウモロコシの粉で書いた円の中に、祈り共に捧げる。

 

 

f:id:IruGraham:20160103143714j:plain

 

ネイティブアメリカンの儀式は、始終、母なる大地、父なる空、スピリットへの感謝と捧げものの中で進められていく。

 

タバコの葉、コーンミル、花などを捧げると、スピリットとより近くになる気がする。私は、セドナのボルテックスを歩く時、よくタバコの葉を捧げる。スピリットが喜んでいるのが感じられて、私も嬉しくなる。

 

 

ロッジの後は、みんなで持ち寄りの食事タイム。

いろいろなものが集まりかなり豪華だった。

 

f:id:IruGraham:20160103143525j:plain

 

私は、前日につくった鯛めしをチャーハンにして持っていった。

だが・・、アメリカ人にはあまり人気がなかった・・^^:

 

 だよね、あまりにも日本テイストだもんね。

魚くさいしね。でも、お正月で、めで鯛から良しとしてくださいな。

 

今年も素敵な幕開けとなりました。

 

今年も、私らしく、のびのびと、光を感じながら魂の精進をしていきます。

よろしくお願いいたします。

 

いつもありがとうございます❤️