読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

内観バースデーを楽しんだ日。

今日は、私の誕生日 🎉

 

私とゆっくりと関わる日にしたかったら、誰にも会わず、誰とも喋らない日にした。

 

朝起きてすぐに、「産湯に入るぞ~!」と、自分に声をかけて、塩と重曹とエッセンシャルオイルを入れたお風呂に1時間ほど浸かった。

 

心地よいお湯に身を委ね、 意識のフォーカスを放射線状に広げながら、瞑想状態に入り、この世に生まれた瞬間まで遡っていった。

 

 

ご先祖様や、スピリット、家族たちの溢れる喜びの中にいる自分を見た。

 

10ヶ月もの間、お腹の中で私を守り続け、2月12日という日に、頑張って産んでくれた母の喜びと愛を感じた。

 

誕生日って、母にとっても命をかけた大切な記念日なんだと改めて実感した。

 

「産んでくれてありがとうございます❤️」

 

 

それから、 自分のハートが食べたいと思うものを、丁寧に作って盛り付けて、赤い岩(キャッスルロック)を窓越しに見ながら、バースデーブランチをした。

 

 

日本時間では、昨日が12日だったので、 誕生日のセレモニーは、昨夜行った。

たくさんのキャンドルを灯し、ハープを奏で、パイプセレモニーをした。

 

日にちが変わる数分前から、全身が映る鏡の前で、大きな声で歌って踊って、自分を祝福した。

 

 

 

今日の午後は、自然の中へハイキングに出かけようと準備をしていたが、スピリットが強く呼びかけてくるので、リビングに置いてあるピラミッドの中で瞑想に入った。

 

ちょうど、窓から光が差し込んできた。

鳥のさえずりが聞こえてきた。

それは、家の中にいるのに、まるで耳元で鳴いているかのようだった。

 

呼吸をゆったりと深くしながら、大自然の波動と合わせていった。

 

 

目の前に、折り重なった光のピラミッドが現れた。

 

その真ん中で、鎮座されている存在(スピリット)があった。

その方は自分の名前を名乗り、日本のある場所で待つと語っていた。

 

ちょうど、私は、4月の来日で、そこを訪れることになっている。

何かが始まる。そう感じた。

 

 

瞑想から戻って、お茶を入れているとき、外から呼ばれている感じがした。

お茶が入ったカップを手にしたまま庭に出た。

 

太陽が、瞑想中に見ていたような光を私に投げかけていた。

それは、ほんの数秒間だった。

 

その後、急に、厚い雲が太陽を覆い、雨と雷となった。

 

手にしているカップの中にも、雨が落ちてきた。

 

しばらく、雨に打たれながら、天からのギフトが入ったお茶をいただいた。

 

30分ほど、雷と雨が続いた後、また青空になった。

 

 

読んでいた本を膝の上に置き、窓の外をなんとなく見ていたら、庭の木々の間から、野ウサギが現れた。

 

うさぎは、私のパワーアニマルの一つ。

また、ギフトをいただいた。

 

 

今年の私のバースデーがもうすぐ終わる。

「私」と100パーセント関わった日となった。

 

そして、スピリットや大自然から、たくさんのギフトをいただいた日となりました。

 

 

バースデーディナーは、「今夜は、断食をしなさい」と瞑想中に言われたので、お預け。 断食したあとの朝が楽しみです^^

 

 

友人からたくさんの祝福メッージをいただきました。

ありがとうございます。

 

ずっと自分と関わっていた日だったので、お返事はお祈りの中でさせていただきました。

 

 

いつもたくさんの優しい愛をくださる、友人たち、家族に感謝です。

 

ありがとうございます💕

 

f:id:IruGraham:20170213141738j:plain