Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

世界中からの愛が集まって🌹  壱岐の島シリーズ#5

2009年に肉体を離れた私の夫Lipo (本名Lee)は、生前からアセンディッドマスターと共に地球の光のバランスを保つ仕事をしていた。

 

そして、今、スピリットの世界から、 私たちのことをいろいろな形でヘルプしてくれている。

 

広島に住むスピリチュアルアーティストの佐藤香織(香織アート)さんとメッセージのやり取りをしている時、壱岐の島の話題になった。

 

そのとき、香織さんから、

 

「儀式に合わせて、「白龍と司祭」というタイトルで絵を制作させてください。」

 

という嬉しいお申し出をいただいた。

 

 

香織さんとは、かれこれ 約10年のおつきあい。

Lipoのチャネリングセッションを受けに、日本からセドナに来てくださったのがご縁のきっかけ。それから、Lipoはすぐに肉体を離れてしまったから、ギリギリのタイミングで二人は会うことができた。

 

絵を描くと宣言してくださった香織さんは、早々に、 秋分の日に向けて高次元から降りてくるエナジーとメセージに身と筆を任せられていった。

 

その途中経過は、彼女のFace Bookで見ることができた。

香織さんが描き上げていくタイミングと、私たち祈り人が受け取るメッセージがリンクしていて、まさしくエナジーのコラボだった。

 

f:id:IruGraham:20171028140441j:plain

 

キャンパスに司祭者の姿が現れたとき、その手が女の手ではなく男の手に感じられた。

よく見ると、Lipoの手とそっくりだ。

 

香織さんも描きながらLipoの手になっていくのを感じていたとのこと。

Lipoがヘルプしてくれているのを香織さんのアートからも垣間見ることができて、とても嬉しかった。

 

 

そして、稚内にある日本最北端のお寺「天徳寺」のご住職、大雲さんも、この祈りをずっとサポートしてくださっていた。

 

当日も壱岐の島から稚内に向けて龍が日本列島を駆け上っていくのを稚内から祈りと共に見届けていてくださった。

お彼岸のお中日のお忙しい中、本当にありがとうございました。

 

こうして、壱岐の島での祈りは、現地で、そして世界中からたくさんの方々の祈りとサポートをいただきながらなされていった。

それは、天界と私たちの祈りのコラボでもあった。

 

As Above So Below...  

上にあるがごとき、下にもなされり。

 

ありがとうございます💖

 

f:id:IruGraham:20171028140454j:plain

(香織さんのアート。これはまだ完成ではなくて、まだ進行中とのことです。)

                          

                          つづく・・・。

 

Iru Graham / アイルグラハム http://www.sedonadolphins.com

アリゾナ州セドナ在住。

ネイティブアメリカンチャーチ公認司祭者。メディシナルアロマセラピスト。
ヒーリングハープ奏者。チャネラー。ヒーラー。

ヒーリング&リーディングセッション、ワークショップ、講演会、巡礼ツアーなどを世界各地で開催。

 

★WOTEメディシナルアロマセラピスト養成講座 in Sedona★

・開催日:12月1日(金)~3日(日)

1日(金)午後3時から午後6時

2日(土)午前10時から午後6時

3日(日)午前10時から午後6時

・講師:アイルグラハム

・場所:アリゾナ州セドナ セドナドルフィンズ

・受講費用合計  555ドル/530ドル(早割・開催日一ヶ月前までにお振込)

・お申し込み・問い合わせ:アイルグラハム celestiallightsedona@gmail.com