Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

辰の島へ・・。いよいよ始まりました。壱岐の島シリーズ#7

f:id:IruGraham:20171104124204j:plain

 

秋分の日の世界平和の祈りは、壱岐の島からフェリーで約10分のところにある無人島の辰の島で行うことになった。

 

その日の朝は、日本最古の神社とも言われている壱岐の島の月読神社でのご祈祷から始まった。ここは、天照大神の弟のツキヨミの尊が祀られている。

 

優しいお人柄が醸し出されている宮司様のお話をお伺いしてお社を出た時、

天からパラパラとほんの少しの雨が降ってきた。

 

天界からの合図。

良いスタートがなされた。

ありがたい。

 

f:id:IruGraham:20171104122543j:plain

シナリオライターの旺季志ずかさんと、ブローガーのハッピーちゃんも月読神社の参拝から儀式に参加してくださった。

 

志ずかさんは、月読神社とゆかりの深い「天の河伝説」というミュージカルを書かれていて、ハッピーちゃんは、月読み神社の境内の横にあった簡易トイレを別の場所に移動する援助などをされていた。

 

志ずかさんとハッピーちゃんが、辰の島での儀式の模様をずっとインスタのライブ配信をしてくださったおかげ様で、そこでの祈りとパワーがリアルタイムで全国へと広がり繋がることとなった。

ありがとうございます。

 

 

フェリーで辰の島へと向かう途中、海面が凪になった。

スピリットからのメッセージが来る前触れのゾクゾク感がやって来た。

 

そのとき、目の前の海面が白と黒に別れた。

f:id:IruGraham:20171104123904j:plain

すぐ近くの島影が映りこんだのだ。

 

フェリーはちょうどその真ん中を通り抜け行った。

白と黒、陰と陽のちょうど真ん中。

 

 

 この日の朝、祈り人の一人、牧好成さんが以下のメッセージを受け取った。

 

「北海道に向かう白い龍と、九州に向かう黒い龍をしっかりと立たせて、富士山の地下にあるレインボーの龍を世界に解き放てよ。」

 

まさにそれを彷彿とさせるものだった。

左に黒い龍、右に白い龍、そして、その真ん中をレインボーの龍となった私たちが突き進んでいくのをイメージした。

 

 

 

辰の島には、すでに壱岐の島の人たちもたくさん集まってくださっていた。

 

まずはゴミ拾いから始めた。

f:id:IruGraham:20171104121351j:plain

 

                             つづく・・・。

Iru Graham / アイルグラハム http://www.sedonadolphins.com

アリゾナ州セドナ在住。

ネイティブアメリカンチャーチ公認司祭者。メディシナルアロマセラピスト。
ヒーリングハープ奏者。チャネラー。ヒーラー。

ヒーリング&リーディングセッション、ワークショップ、講演会、巡礼ツアーなどを世界各地で開催。

 

★WOTEメディシナルアロマセラピスト養成講座 in Sedona★

・開催日:12月1日(金)~3日(日)

1日(金)午後3時から午後6時

2日(土)午前10時から午後6時

3日(日)午前10時から午後6時

・講師:アイルグラハム

・場所:アリゾナ州セドナ セドナドルフィンズ

・受講費用合計  555ドル/530ドル(早割・開催日一ヶ月前までにお振込)

・お申し込み・問い合わせ:アイルグラハム celestiallightsedona@gmail.com