Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

夜のゴーストタウン散策

夜、フラダンスのレッスンに隣町のコットンウッドまで行った。

着いたら、今日はなんと、お休みだった。

 

そのまま帰るのもなんなので、そこからさらに先にあるジェロームまで行った。

 

数日前のセドナのタウン誌に、ジェロームの街がクリスマス仕立てに、ライトアップされていると書かれてあったのを思い出したから・・。

 

ジェロームは、昔、炭鉱の街として栄えていたが、閉山してからは誰もすまないゴーストタウンと化した。だが、今では、アーティスティックな店が並ぶ観光の街となっている。

 

今でもゴーストが出ると言われているゴーストタウンのジェロームに、なんで、こんな夜に向かうのかなぁ・・と思いながらも、素敵にライトアップされている光景を楽しみにしながら、ミンガス山脈の中腹にあるこの街に向かった。

 

真っ暗でまがりくねった山道を車で登っていると、だんだん夜霧で前が見えづらくなってきた。

 

そして、たまたまなのだが、車の中で聞いていたインターネットラジオから、木のドアか椅子の軋む音を曲の間に入れているシュールな音楽が流れてきた。

 

あ、ありえないから~。この状況でこの曲・・。

 

心臓をばくばくさせながら、夜霧の中、ギーギーと軋む音を聞きながら、ゴーストタウンの中に入って行った。

 

 

ライトアップを探したが、街中真っ暗。 人っ子ひとりいない。

車を奥まで走らせたら、小さな公園がひっそりとライトアップされていた。

 

f:id:IruGraham:20161129162405j:plain

 

f:id:IruGraham:20161129162402j:plain

 

小雨が降る中、車を降りて、一人で公園に続く石の階段を登った。

本当に誰もいない・・。寂しい・・。

 

f:id:IruGraham:20161129162418j:plain

 

でも、ひっそりとしたライトアップもなかかな可愛いかった。

 

この街で夕飯を食べてから帰ろうと思ったが、レストランはどの店も閉まっている。

唯一開いていたのが、玉突き台が置いてあるビアホール。

 

ガラス窓越しに中を見て、どうしようかと考えたが、いかつい炭鉱夫のスピリットがカウンターに寄りかかり、炭がついた大きな手でビールジョッキを仰ぎ、ワイワイと盛り上がっている感じがしたので、今回は遠慮した。

 

今度は、明るい昼間に来ようっと!

人間と一緒に過ごしたいっ!

 

f:id:IruGraham:20161129162503j:plain

しかしながら、誰もいない街と夜霧。似合いすぎ~。

 

昼間のジェロームは本当に可愛いお店がいっぱいです。

ぜひ訪れて見てねー。

 

 

 アイルグラハム

〜 Sedona Dolphins 〜 セドナ・ドルフィンズ

 

 

2017年3月16日~3月20日、「天命ワーク」参加者募集中!

tokiyomi.com