Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

コートハウスで夕日三昧

今の時期は、ちょっと外に出るのが遅くなると、とたんに夕暮れになってしまう。

家の中の仕事を終えて、時計を見たら3時過ぎ。
あらら・・こんな時間。

あわててハイキング用の服と靴に着替え、バックパックを持って外に出た。

キャセドラルロックに行ったが、4時になったら、太陽がキャセドラルロックの真後ろに隠れてしまい、震えるくらいに寒くなった。太陽があるのと無いのとでは、大違い。

急いで、駐車場まで戻り、太陽がまだ当たっているところを見ながら次の場所を決めた。

ベルロックはすでに半分以上が陰になっているからパス。
だが、その隣のコートハウスはまだまだ、太陽が当たっていてオレンジ色に輝いていた。

よし、コートハウスだ。

車を停めて、秋の黄金色の中をコートハウスに向かって歩き始めた。虫の声も聞こえる。

お気に入りの岩の上に座り、しばし瞑想をした。

(写真の中のオレンジ色に輝いている岩がコートハウスで、その手前の石がお 気に入りの石)

胸から涙がこみ上げるような感じがおきてきた。
何かを開放しようとしている。

これは、何なんだろう・・って頭を働かせた瞬間、そのこみあげていた感情が消え去った。

あらら・・・。
いくら頭で考えたってラチがあかない事はわかっているのに、またやってしまった。

あるがままでよいのになぁ・・。

こんなことを毎回繰り返して、少しづつあるがままになっていくのかなぁ・・。

コートハウスでたっぷり1時間くらいは、太陽の光を浴びて、気持ちよく瞑想ができた。

セドナの冬は、場所を選ばないと、すぐに日陰になってしまう。

キャセドラルロックは、遅くとも2時くらいまでには、頂上につけるようにしたほうが良いかも。

逆に、コートハウスは、太陽をさえぎるものがないから、十分に夕焼けを楽しめる。
そして、まだ、観光客には、あまりなじみのないところだから、雄大なそのエネルギーを十分に堪能できる。

今日もありがうございました☆


b>☆是非、ここをクリックしてくださいね。ご協力をありがとうございます☆  


              
ランキング