Iru Grahamのブログ

アリゾナ州セドナのこと、ネイティブアメリカンのこと、旅のこと、日々の気づきのことなどを綴っています。

バースデーパーティー

バースデー

これは、2/15のバースデーパーティーの写真です。

私もリーも2月生まれなので、この際、2月生まれの人をみんなまとめて、我が家でお誕生日パーティーをしようということになりました。

左でかなり気持ちよい世界に入って演奏しているのは、最近日本で人気が出てきているジョン・デュマス。

太鼓をたたいているのが、ステンドグラスアーティストのゼノン。

後ろでディジュを吹いているのが、サウンドヒーリングもするジョエル。

この写真には写っていないけれど、その横で、リーがキーボードを弾き、ジーンがギターを弾き、アジーズがシタールを弾き、それぞれ一流のミュージシャンたちが演奏するかなり豪華な宴となりました。

50人近い人が集まり、狭い隙間をみつけては、みんな酔狂に踊りまくってました。

私は、実は、騒音でパトカーが来ないかと、少しひやひやしながらこのパーティーを楽しんでました。このひやひや間は、日本人ならではの常識の中にどっぷりと浸っていたのかも・・。

実際、外に出てチェックしてみたら、案外、聞こえないものでした。


ケーキ

このケーキは、彼女のお手製。ケーキの上には、このパーティーに参加した2月生まれの人の名前が全員書かれています。

彼女は、セドナのマガジンで活躍している写真家キャサリーン。
写真の腕前もさることならば、ケーキのアジもあっぱれでした。
すごいなぁ・・アーティストだなぁ・・としみじみ感じました。

のりこさん

日本からいらした、のりこさんと智華さんも、初のアメリカのホームパーティを楽しんでいたようでした。

みんなが楽しんで、盛り上がり波動があがってくると、この光が現れる。

今宵も精霊たちは一緒にこのお祭りごとを楽しんでいたようだ。
よかった、よかった。

夜がふけるとともに、少しずつ皆さんは、帰路についていったが、
最終組みは、深夜2時ごろまで残っていた。

よく朝、楽しい余韻を体に残したまま、そして、少し睡眠不足な感じでリビングに行き、パーティーの後の片付けを始めた。

この狭い、リビングによくあれだけの人が入り、ミュージシャンが演奏して、踊る人は踊っていたなぁ・・とあらためて驚いた。

アメリカ人は、自分の心地よいスペースを見つけるのがどうやらうまいようだ。見つけたスペースでいかに居心地よく過ごすかを知っているみたい。

私は、人の家に行くと、借りてきた何とかやらみたいに、自分の居場所がみつからずに、ナーバスになることが多い。

この太っ腹な感覚を私もまねしてみよっと!

何事もものまねから・・だよねー。

今日は、バースデーナイトのシェアをしてみました。

ありがとうございまーす。


☆是非、ここをクリックしてくださいね。ご協力をありがとうございます☆  


              ランキング